ボンバイエ

スポーツ

ボンバイエ

ぼんばいえ

コンゴで使われているリンガラ語で、「奴を殺せ」という意味。

正しくは「Boma Ye(ボマ イェ)」。

歴史

1974年10月30日、モハメド・アリジョージ・フォアマンキンシャサ(コンゴ首都)で戦い、勝利した際、現地のファンがこの言葉を合唱。アリのテーマ曲「炎のファイター」に採用された。

1976年6月26日に日本武道館アントニオ猪木モハメド・アリが「格闘技世界一決定戦」を行い、その記念としてアリのテーマ曲が猪木に送られた。その際、「アリ・ボンバイエ」の部分を「猪木ボンバイエ」に変えた事で、日本で広く知られている。