スマートフォン用の表示で見る

ボンボン菓子

ボンボン菓子

ぼんぼんがし

(bon-bon または bonbon)

砂糖から作られた殻で具を包んだ菓子。元々アーモンドを包んだものを指してボンボンと呼んでいたが、今日ではあらゆる種類のフルーツやナッツが具となる。砂糖の代わりにチョコレートやフォンダンを用いることがある。特にチョコレートウイスキーを包んだ菓子をウイスキーボンボンと呼ぶ。

名称はフランス語で「良い」を意味する形容詞bonを2つ重ねたもの。ちなみに現在のフランス語(FR)では、ボンボン(bonbon)はナッツを砂糖で包んだドラジェ(Dragée 上記のボンボンに最も近い)を始め、キャラメル、リコリス菓子、グミ、マシュマロ、ペロペロキャンディ、ガムなどを含むキャンディ状の菓子の総称である。因みに、ボンボン菓子を入れるための容器がボンボニエール(bonbonière)である。