スマートフォン用の表示で見る

ポートピア連続殺人事件

ゲーム

ポートピア連続殺人事件

ぽーとぴあれんぞくさつじんじけん

1983年8月にパソコンゲームとしてエニックスから発売された、コマンド選択式推理アドベンチャーゲーム

のちに『ドラゴンクエスト』を手がけることになる、堀井雄二の作品。

1985年にはファミリーコンピュータにも移植され*1、堀井のファミコンデビュー作となった。

当時のテレビゲームはアクションやシューティングが主流であり、ファミコン初の「本格派アドベンチャーゲーム」という事で大ヒットを起こした。

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」「軽井沢誘拐案内」と合わせて「堀井ミステリー三部作」とも呼ばれている。

現在は、iモードezwebなどの携帯電話でも遊べる。

*1:移植はチュンソフトが担当