スマートフォン用の表示で見る

ポール・オニール

スポーツ

ポール・オニール

ぽーるおにーる

Paul Andrew O'Neill

MLB選手。通称「heart and soul」「Warrior」。

左投左打、ポジションは外野手背番号は21番。


1963年2月25日生まれ。米国オハイオ州出身。

オッターベイン大学から1981年、ドラフト4位でシンシナティ・レッズに入団。

1985年、メジャー昇格。

強打の右翼手として定着。1991年ワールドシリーズ制覇に貢献。

1993年ニューヨーク・ヤンキースに移籍。移籍後は3番打者として定着。

1994年、打率.359を記録し、ア・リーグ首位打者のタイトルを獲得。

4度のワールドシリーズ制覇に大きく貢献。1990年代後半のヤンキース黄金時代を支えた。

2001年、現役引退。

実働17年間で通算2053試合出場。通算2105安打、281本塁打、1269打点を記録。オールスターゲーム出場5回。


現在はニューヨーク州ケーブルテレビ野球解説者を務める。


背番号21番は、オニールの引退後誰も着用しておらず、ヤンキース準永久欠番となっている。