スマートフォン用の表示で見る

ポール・リビア

社会

ポール・リビア

ぽーるりびあ

(英: Paul Revere、1735年1月1日 - 1818年5月10日)

アメリカマサチューセッツ植民地出身の銀細工師であり、アメリカ独立戦争中は愛国者として活動した。

レキシントン・コンコードの戦いにおける伝令の役割を担ったことで、リビアはその死後も不朽の名声を与えられ、リビアの名前と「真夜中の騎行」という言葉は愛国者象徴としてアメリカ合衆国中に知れ渡っている。リビアボストンでも羽振りがよくて顕著な職人であり、イギリス軍の監視を続け仲間内に情報を伝達するしくみを作り上げることに貢献した。

リビアアメリカ独立戦争の中でも最も悲惨な作戦の一つに士官として従軍したが、その行為は後に無罪を証明された。戦後、リビアは金属の大量生産が生む事業的可能性について早く気づいた者となった。