スマートフォン用の表示で見る

ポイズンピル

一般

ポイズンピル

ぽいずんぴる

"poison pill"(英) 直訳すれば「毒薬」。

ある企業がTOBなどにより乗っ取られそうになった場合に備えて、あらかじめ全株主新株予約権を与えておく買収予防策。ライツプランともいう。

敵対的買収者が一定割合の議決権を取得したなど、一定の発動事由が満たされると、買収者以外の株主に大量の新株が安価に発行され、買収者の保有株の割合が希薄化される。結果的に買収者の経営権取得を困難になるため、買収予防策となる。

取締役はいつでもポイズンピルを消却できるし、会社にとって利益になる買収提案に対しては消却する義務が生じる。

商法上の株主平等原則などとの抵触が問題とされるが、M&Aの活発化に関連して導入の是非が議論されている。

企業買収防衛戦略

企業買収防衛戦略