ポエトリーリーディング からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アート

ポエトリー・リーディング

ぽえとりーりーでぃんぐ

(poetry reading、ポエトリーリーディング

詩人が自作の詩を朗読するアート形態。ラップミュージックにのせて詩を読んだり、ビートボックスとコラボレーションして詩を読んだりという形態もある。1950年代ビートニク文化を代表するアート形態でもある。アメリカではポエトリー・リーディングという言葉よりも広く使われるようになった。ポエトリー・リーディングと区別する明確な規定はないが、スポークン・ワードは文学的な要素を余り含まず、言葉を使った表現スタイルとして確立されつつある。