リーフグリーン からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン

ぽけっともんすたーふぁいあれっどりーふぐりーん
リスト::ポケモン --> 第3世代 --> FRLG

株式会社ポケモン(販売元:任天堂)より2004年1月29日に発売されたゲームボーイアドバンスGBA)用RPG

発売当初の価格は4,800円+税であったが、発売2ヶ月後の総額表示開始後に4,571円+税に変わっている。2005年11月23日からはワイヤレスアダプタ無しで3,619円+税に改定されている。

ポケットモンスター』シリーズの第1作『ポケットモンスター 赤・緑』のリメイク版。『ファイアレッド』と『リーフグリーン』の2バージョンがあり、どちらともほぼ同じ内容だが、出現するポケモンポケモン図鑑の説明文などの違いがある。パッケージを飾るポケモンは『ファイアレッド』がリザードン、『リーフグリーン』がフシギバナ

ヒトカゲフシギダネゼニガメの3匹の中から最初のポケモンを選び、カントー地方を舞台にポケモンリーグの頂点を目指すストーリーはそのままに、ハードの向上に合わせたグラフィックやサウンドのパワーアップ、新たなマップ「

ナナシマ」の追加、主人公の性別選択、チュートリアル関連が充実しているなど様々な新要素が追加されている。基本システムが『ルビーサファイア』に準拠するので、本作は“第3世代”の作品となる。

また、GBAの周辺機器として『ワイヤレスアダプタ』が初登場。ワイヤレスアダプタによる無線通信、ワイヤレス通信専用のミニゲームもある。

先行していた『ルビーサファイア』『ポケモンボックス』『ポケモンコロシアム』のほか、後発の『エメラルド』『ポケモンXD 闇の旋風ダークルギア』と相互通信が可能。

特に『エメラルド』とはワイヤレスアダプタによる無線通信が可能。

ニンテンドーDSで発売された『ダイヤモンド・パール』『プラチナ』『ハートゴールドソウルシルバー』には、ニンテンドーDS及びニンテンドーDS Liteのダブルスロット機能を使うことでGBAポケモンを送ることができる(ただし、DSからGBAポケモンを送るのは不可)。

なお、第1世代『赤・緑』『青』『ピカチュウ』および第2世代『金・銀』『クリスタルバージョン』との通信はできない。