スマートフォン用の表示で見る

ポケモン+ノブナガの野望

ゲーム

ポケモン+ノブナガの野望

ぽけもんぷらすのぶながのやぼう
リスト::ポケモン --> ポケナガ

株式会社ポケモンより2012年3月17日発売のニンテンドーDSシミュレーションゲーム

ポケットモンスター』と株式会社コーエーテクモゲームスの『信長の野望』とのコラボレーション企画。

2011年12月17日の「ジャンプフェスタ2012」にて発表された。

発売時点ではニンテンドー3DSが発売2年目になっているが、本作がDSでの発売となった理由は、おそらく3DS発売前からの企画であったこと。


舞台は日本の戦国時代をモチーフにしたランセ地方ポケモンと特別な絆を持つ「ブショー」と呼ばれる人物たちが、17の国に分かれ、お互いの城を巡って争っていた。主人公はハジメの国のブショーリーダーとして、サポートしてくれる謎の少女ブショー“オイチ”とともに、ランセの滅亡を目論む“ノブナガ”をはじめとした数々の猛者たちとイクサを繰り広げることになる。

ブショーとパートナーとなるポケモンの間には、リンクと呼ばれる絆があり、これが高いほど力を大きく引き出せる。また、種によってリンクに上限があり、100%までリンクできる「ベストリンクポケモン」を見つけ出すことが目標の一つとなる。ブショーのデザインは、『信長の野望』シリーズではなく、『戦国無双』シリーズ*1の武将デザインが元になっている。ちなみに、本作のプロデューサーは『戦国無双』シリーズのプロデューサー鯉沼久史氏である。

イクサではお互いに最大6人のブショーがポケモンを1匹ずつフィールドに繰り出し、ポケモンでおなじみのタイプ相性や「とくせい」を生かして、ターン制シミュレーションゲーム/シミュレーションRPG風のバトルを行う。ブショーも様々な効果を発する「ブショーパワー」という特殊能力でバトルに参加することができる。イクサを重ねていくことで、ポケモンが進化するだけでなく、ブショー自身も進化する。

信長の野望』のように、合戦(本作では「イクサ」と呼ばれる)だけでなく内政的な要素もある。ブショー1人につき月1回行動でき、新たなポケモンやブショーを仲間にしたり、道具を購入したり、ポケモンとの絆を深めたりして自軍の戦力を増強する。

ローカル通信で他のプレイヤーとイクサの対戦が可能。また、「ニンテンドーWi-Fiコネクション」を介して追加エピソードやイベントの配信が行われていた。

商品

ポケモン+(プラス)ノブナガの野望 (特典なし)

ポケモン+(プラス)ノブナガの野望 (特典なし)

*1:制作時期的には『戦国無双3Z』か『戦国無双Chronicle』あたり