ポケモンショック

一般

ポケモンショック

ぽけもんしょっく
リスト::ポケモン --> アニメ --> 映像事件

1997年12月16日に放映されたテレビアニメポケットモンスター」の38話「でんのうせんしポリゴン」において、瞬間的に赤と青が交互に点滅する映像(フリッカー。俗に「パカパカ」という演出方法)を見た子供達が体調不良を訴えて病院に運ばれ、入院者もでたという事件。「ポケモン事件」「ポリゴンフラッシュ」等とも。

ポケットモンスターを放映したテレビ東京が最終的に把握したところによると、約750人が病院に搬送され、そのうち135人が入院したらしい。

激しい光の点滅を見たことによる光過敏性発作が原因とされている。

場面

番組の後半の、主に主人公サトシのピカチュウの技「10まんボルト」がワクチンソフトのミサイルに当たったシーンである。

このほかにも複数回赤と青を点滅させる効果は用いられているらしい。

ポケモンショックによる影響

上述の通り体調不良者を出したこと以外には、

  • マスメディアに大きく取り上げられ、ポケモンバッシングが起こった
  • 再発防止策がとられるまでテレビ東京ポケットモンスターの放映を中止した
  • 「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てください。」の定番のテロップがこの事件をきっかけに流されるようになった
  • 事件後に発売されたビデオやDVDではこの38話は欠番となった
  • この事件以降パカパカという演出方法はポケモン以外でもあまり用いられなくなった
  • ポケモンショックが「最も多くの視聴者に発作を起こさせたテレビ番組」としてギネスに記録された
  • ポリゴンのテレビアニメや映画における出番が大幅に減少した(ポリゴンは悪くないという意見多数)

などがある。