スマートフォン用の表示で見る

ポケモンスタジアム

ゲーム

ポケモンスタジアム

ぽけもんすたじあむ
リスト::ポケモン --> スタジアム

任天堂より1998年8月1日に発売されたニンテンドウ64ゲームソフト。海外ではこの作品は発売されていない。

同梱の64GBパックゲームボーイ版「ポケットモンスター 赤・緑」「ポケットモンスター 青」を挿入し、育てたポケモンを3D画面上で対戦するのがメイン。

ポケットモンスター 金・銀」「ポケットモンスター クリスタルバージョン」には未対応だが、当時まだ発売されてなかった「ポケットモンスター ピカチュウ」には対応している*1

元は64DD用に開発されていたが、ROMカートリッジに移行して無理やり発売。

ROMカートリッジの容量の関係上、使用できるポケモンは第1回ポケモンリーグで活躍したポケモンをメインとした40体に限られている。

64DDで残りのポケモンを補完する拡張ディスクが企画されていたが、「ポケモンスタジアム2」の発売によってその企画は消滅した。

ポケモンスタジアム2」も金銀ポケモンを追加する64DD拡張ディスクが企画されていたが、こちらも「ポケモンスタジアム金銀」の発売によって消滅した。

ちなみに「ふぶき」の凍る確率が1割に修正されたのはこのゲームから。

対戦フォーマット

L1〜30バトル
第2回ポケモンリーグに準拠したルール。使用できるポケモンは33体*2
お互いにポケモン6匹を見せ合い、その中から3匹を選んでバトルする。
L50〜55バトル
第1回ポケモンリーグに準拠したルール。使用できるポケモンは40体。
お互いにポケモン6匹を見せ合い、その中から3匹を選んでバトルする。3体のレベルの合計は155以下でなくてはならない。
トーナメントでの対戦相手は第1回ポケモンリーグ全国大会の上位入賞者のポケモンが使用されている。
フリーバトル
レベル制限のないルール。通常のポケモンバトル同様6対6でのバトル。
余談だが、サンプルトレーナーの理科系の男はL100の飛行ポケモン6体*3を所有している。

L1〜30トーナメントマスターボールカップ、またはL50〜55トーナメントのファイナルバトルでピカチュウを出して勝つと、そのピカチュウに波乗りを覚えさせることができる。

商品

ポケモンスタジアム(64GBパック付き)

ポケモンスタジアム(64GBパック付き)

*1:但しポケモンスタジアムカートリッジ上に収録されてないため、GBモードではROMイメージを読み込むためのロード時間が掛かる。

*2フシギバナリザードンカメックスフリーザー・サンダー・ファイヤー・カイリューはレベル30以下で存在しないので使用不可。

*3リザードンプテラフリーザー・サンダー・ファイヤー・カイリュー