スマートフォン用の表示で見る

ポジトロン断層法

サイエンス

ポジトロン断層法

ぽじとろんだんそうほう

陽電子検出を利用したコンピューター断層撮影技術のこと。近年、腫瘍組織における糖代謝レベルの上昇を検出することにより癌の診断に利用されるようになっている。

CTMRIが主に組織の形態を観察するための検査法であるのに対し、PETはSPECTなど他の核医学検査と同様、生体の機能を観察することに特化した検査法である。主に中枢神経系代謝レベルを観察するのに用いられてきた。