スマートフォン用の表示で見る

ポッポ焼

ポッポ焼

ぽっぽやき

:飲食物

 

お祭りや縁日の屋台で売られている食べ物。

新潟ローカル。(そのため、屋台の中には「新潟名物」と銘打った屋台もある。)

主に新潟県下越地方で見られるが、まれに中越地方や上越地方に屋台が進出しているようである。佐渡地方で見たという話は聞かれない。

新潟では、屋台の食べ物としては、「お好み焼き」や「焼そば」よりもメジャーな食べ物で、おいしい「ポッポ焼」の屋台には、閉店間際になると必ずといっていいほど行列が出来る。

 

専用の型で焼かれた、黒砂糖味のややもっちりとしたカステラに似た食べ物。

原料は、黒砂糖と小麦粉と水と炭酸とミョウバン

形はつぶれた細長い円筒形で、1本2本と数える。色は茶褐色。

1本の太さは手でちょうど握れるくらいの大きさで、長さはロングサイズの缶の高さぐらい。

出来立ての温かい状態で最も風味が良く、冷めると味が落ちる。

 

新発田市近辺では、「蒸気パン」という呼び名で呼ばれている。

もともとは「蒸気パン」というものが先にあって、それが発展して「ポッポ焼」となったようだ。