ポツダム広場

地理

ポツダム広場

ぽつだむひろば

独語:Potsdamer Platz? 、ポツダマープラッツ?

ドイツ連邦共和国首都ベルリン市ミッテ区にある広場プラッツ)。

広場の名は近郊のポツダム市にちなむ。19世紀初頭までは、ポツダム市からベルリン市を結ぶ街道が都市城壁(Zollmauer)に設けられた関税門「ポツダム門?」をくぐっており、門の外は各方面からの街道が集まる交差点になっていた。これが現在のポツダム広場に当たる。1838年、ベルリン市マクデブルク市を結ぶ鉄道のポツダム駅?が設けられると、ポツダム広場はベルリンの市内交通の中心地へと変貌していった。20世紀初頭にはベルリン市電?の路線が集まるほか、周囲にはホテルやカフェが立ち並んだ。