スマートフォン用の表示で見る

マーク・コールマン

スポーツ

マーク・コールマン

まーくこーるまん

総合格闘家。PRIDE-GP2000優勝。

1964年12月20日生。オハイオ州出身。185cm、111kg。

91年レスリング世界選手権フリースタイル100kg級2位、92年バルセロナオリンピックレスリング・フリースタイル7位と、アマチュアレスリングにおいて卓越した競技実績を残す(後、オハイオ州にレスリングの実績を認められ殿堂入り)。

総合格闘技転向後も、UFC王者、PRIDE-GP優勝と圧倒的な強さを発揮した。

特に、グラウンドで頭突きがOKだった時代は戦慄的な光景も数多く生んだ。

タックルによるテイクダウンと、グラウンド&パウンドと云う戦法の確立も含め、総合格闘技におけるレスリング出身者の先駆的存在である。所属ジムはハンマー・ハウス。


ハッスル」や新日本プロレスで、プロレスの試合も経験している。

リスト::格闘家