マーサ・スチュワート

一般

マーサ・スチュワート

まーさすちゅわーと

カリスマ主婦。

自身の名を冠したテレビ番組「マーサ・スチュワートリビング」(エミー賞受賞)や、通販ブランド「マーサ・スチュワート・エブリデイ」、雑誌の編集刊行を行うマーサ・スチュワートリビング・オムニメディア経営者でもある。

その売り物は、豊かなアメリカの生活を支える家事。

バーナードカレッジ(Barnard College。アメリカのトップ女子大学のひとつ)在学中に結婚し、卒業後は証券ブローカーとなる。その後ケータリングビジネスを展開し、1982年に最初のレシピ本を出版している。

90年代に入り、アメリカを代表する女性として各メディアに取り上げられるが、2002年にインサイダー取引で訴追され、2004年に刑が確定し、10月から2005年3月まで服役。服役中もジャムを刑務所内で作ったり、Thanksgiving Dayにファンに向けてメッセージを送ったりと「らしさ」全開の服役生活を送っている。出所後、実業に現役復帰。