マーズ・ワン

2023年までに火星への永住移住構想を打ち立てるオランダ非営利団体Mars One。

選ばれた計4人を2023年までに、火星へ一方通行で送り出す計画をしている。

2011年オランダ起業家であるバス・ランズドルプにより設立

概要

最初のクルーが火星へ降り立つ前に、2年毎に新たな宇宙飛行士を受入可能にするよう設計された、居住及び持続可能な基地を設置する予定です。

この目標を完遂するため、マーズワンは既存するテクノロジーを駆使した精確且つ現実的なプランを構築しました。

このプランは、実在する宇宙開発分野のサプライヤー専門家との一体化した連携により、経済的また物流的にも実現可能な計画です。

Mars One

ロードマップ