スマートフォン用の表示で見る

マー姉ちゃん

テレビ

マー姉ちゃん

まーねえちゃん

1979年に放送されたNHK連続テレビ小説

原作は、長谷川町子の「サザエさんうちあけ話」から。

主人公は、町子と姉の毬子(まりこ)。

画家を目指した姉が、妹を支えるため、奮闘し、その妹が「サザエさん」でマンガ家として成功するまでを描いたドラマ。

ちなみに、役名の町子と毬子は、いずれも「サザエさん」に出てくる登場人物の「磯野」となってる。

主役は、熊谷真実。また、田中裕子がデビューしたのもこのドラマだった。

他の出演者=藤田弓子田中健二木てるみ山口崇愛川欽也渡辺篤史前田吟河原崎長一郎鈴木光枝日下武史益田喜頓三田和代

別記(2013年6月追記)

NHK朝ドラでこれまで実在する人物をモデルとした作品があった。マンガ家で実在する人物を主人公にした朝ドラは、「マー姉ちゃん」と2010年放送の「ゲゲゲの女房」のみである。

マー姉ちゃん」は、上記の作品であるが、「ゲゲゲの女房」は、主人公のマンガ家・水木しげるの奥さんが水木しげるを支えながら夫婦で互いに助け合う家族愛のドラマだった。よって、マンガ家で主人公ではないが、その中心人物としてその生涯を描いたのは長谷川町子水木しげるの2人のみである。