スマートフォン用の表示で見る

マイク・シュミット

スポーツ

マイク・シュミット

まいくしゅみっと

Michael Jack Schmidt

70〜80年代のMLB選手。

通称「史上最高のサードベースマン」。

右投右打、ポジションは三塁手背番号は20番。


1949年9月27日生まれ。米国オハイオ州出身。

オハイオ大学から1971年ドラフト2位でフィラデルフィア・フィリーズに入団。

1972年、メジャー昇格。

1974年、36本塁打、112打点でナ・リーグ本塁打王打点王の二冠を獲得。

以後、本塁打王を8回、打点王を4回獲得。

1980年ワールドシリーズ制覇に大きく貢献。

1980年、1981年と2年連続でナ・リーグMVPを受賞。1986年にも受賞した。


生え抜きの強打者として1970年代、1980年代のフィリーズを支えた。

また三塁手としての守備も抜群で、通算10度のゴールデングラブ賞を記録。

1989年、現役引退。

実働18年で通算548本塁打、1595打点。本塁打数、打点数は球団記録。


1990年背番号20番がフィリーズ永久欠番となる。

1995年、米国野球殿堂入り。