スマートフォン用の表示で見る

マイク・スキナー

音楽

マイク・スキナー

まいくすきなー

The Streets


22才のマイク・スキナー(Mike Skinner)。

なぜ彼が"ガラージの未来形"と人に言われるのか?マイクの芸名であるThe Streetsによる"Has It Come To This"が恐らくブリティッシュ・アーバン・ミュージックにとっての大きな進化を期す躍進であったからであろう。 ソウルIIソウルの全盛期以来、ストリート・カルチャーがこれほどに人々のイマジネーションに働きかけることがあっただろうか。 この曲は必ずしも最高にポップな音でもなければ暗すぎもせず、土曜の夜のダンス・フロアを大騒ぎさせるようなものでもないかもしれないが、マイクのMCとしての語りは、トレーナー・ショップとバスの停留所、ディーラーマクドナルド、クラブ、誰かの車の助手席、N64に関するセッションに行ったり、グラマラスではないイギリスの普通のキッド達のような、これまでにないほどのイギリスのストリート・ライフを人に呼び起こさせる。 インナー・シティーの文化についてインナー・シティーで通じる言語によって書かれたこの宣誓ともいえる楽曲は、発展しつつある文化のニュアンスをグランド・マスター・フラッシュの"ザ・メッセージ"以来に鮮明にとらえたものであると言えるだろう。