マイケル・カーン

映画

マイケル・カーン

まいけるかーん

略歴

TVの編集者としてキャリアを開始し、ロバート・クローズ監督作品のB級アクション映画などを経て、スティーヴン・スピルバーグと初めて組んだ1977年の『未知との遭遇』でアカデミー賞に初めて候補となる。以後、スピルバーグの貴重な右腕として殆どの監督作品の編集を担当している。

主な作品