マイケル・キスク

音楽

マイケル・キスク

まいけるきすく

Helloween の元ヴォーカリスト

若干十八歳の若さでKeeper Of The Seven Keysでデビュー、以後同バンドの代表的存在となる。が、1993年脱退、脱退の理由はメンバーとの音楽性の対立などと噂されている。

Gamma Rayなどの多くのバンドのゲストに入るも自身の音楽性とは違うためメタルシーンからの引退を表明した。

「彼でないと認めない」と言う熱心なファンが居る程人気があるジャーマンメタル界の大物ヴォーカリストである。