マイケル・モリアーティ

映画

マイケル・モリアーティ

まいけるもりあーてぃ

Michael Moriarty

アメリカの俳優。1941年ミシガン州デトロイト出身。ダートマス大学卒業、フルブライト奨学生としてロンドン演劇・音楽アカデミーへ留学。1971年、映画 My Old Man's Place で映画デビュー。1973年、『バング・ザ・ドラム』で有名になる前のロバート・デニーロと共演。

1978年のテレビ・ミニシリーズ『ホロコースト 戦争と家族』でエミー賞主演男優賞ゴールデングローブ賞を受賞した。1980年代にはクリント・イーストウッド監督の『ペイルライダー』や、ラリー・コーエン監督のホラー作品などに出演。

1990年から4年間、テレビシリーズの『ロー&オーダー』でベン・ストーン検事を演じ、その間毎年エミー賞にノミネートされている。1994年、テレビの暴力表現を制限しようとする司法省からの圧力に抗議し、降板。なお、同番組で後任のジャック・マッコイ検事を演じたサム・ウォーターストンとは、1974年のテレビ映画 The Glass Menagerieガラスの動物園)で共演している。

1997年、映画『戦火の勇気』に出演。2001年、テレビ映画『DEAN/ディーン』のジェイムズ・ディーンの父親役でエミー賞助演男優賞を受賞。

舞台では1960年代からブロードウェイに出演。1974年の Find Your Way Homeトニー賞を受賞したほか、1994年には『マイ・フェア・レディ』のリバイバルでヒギンズ教授役(リチャード・チェンバレンの後任)を演じている。

ジャズピアニスト兼シンガー、作曲家でもあり、著作もこなす多芸多才の人である。

音楽作品

Reaching Out

Sweet 'n' Gritty

Michael Moriarty Quintet Live at Fat Tuesday's

著作

The Gift of Stern Angels (1997, 自伝)

The Voyeur: A J.C. Kaminer Mystery (1997, 小説)