スマートフォン用の表示で見る

マイヤ・プリセツカヤ

アート

マイヤ・プリセツカヤ

まいやぷりせつかや

Maya Mikhailovna Plisetskaya ロシア語表記:Майя Михайловна Плисецкая

ロシアバレエダンサー

1925年11月20日、生まれ。2015年5月2日、死去。

ボリショイ・バレエプリマであり、現代でも最高のバレエダンサーと称された。特に、アンナ・パヴロワの代表作である「瀕死の白鳥」、「白鳥の湖」のオデット姫/オディールなどで名高い。

自身の名を冠したマイヤ・プリセツカヤ国際バレエコンクールもあり、審査員長を務めていた。

大変な親日家でもある。

2006年、第18回高松宮殿下記念世界文化賞の演劇・映像部門を受賞。

2011年旭日中綬章を受章。

闘う白鳥―マイヤ・プリセツカヤ自伝

闘う白鳥―マイヤ・プリセツカヤ自伝

マイヤ・プリセツカヤ [DVD]

マイヤ・プリセツカヤ [DVD]