マウロ・アウグスティーニ

音楽

マウロ・アウグスティーニ

まうろあうぐすてぃーに

Mauro Augustini/Baritono ,baritone ,br,bariton,baryton

イタリアを代表する国際的オペラ歌手・バリトン歌手。

イタリアが誇る世界的バリトン、国際的バリトンヴェルディバリトン

マウロ・アウグスティーニ氏はマリオ・デル・モナコの一番弟子、ティト・ゴッビ、エンツァ・フェッラーリに学ぶ。マリオ・デル・モナコが、「僕が黄金のトランペットなら、君は黄金のトロンボーンだ!!」って言った海外の主要な劇場で主役を歌うヴェルディバリトン。主なレパートリーはヴェリズモオペラヴェルディプッチーニなど。来日は、藤原歌劇団「イル・トロヴァトーレ」(ルーナ伯爵)、ハンガリー国立歌劇場トスカ」(スカルピア)、ソフィア歌劇場リゴレット」(リゴレット)、「オテッロ」(イヤーゴ)、「椿姫」(ジェルモン)、「マクベス」(マクベス)等で多数来日。名指揮者、名演出家、名歌手と多数共演。

現役オペラ歌手、マスター・クラスなどで指導者として大活躍。

公式ホームページ:

http://www.mauroaugustini.com/

ヴェネツィア近くのトレヴィーゾ在住。今も世界中を飛び回りどこかの劇場で歌っている。

トレヴィーゾのトーティ・ダル・モンテ声楽コンクール優勝

「ガレッフィ」「バスティアニーニ」の両賞をパルマにて受賞,ミラノヴェルディ音楽院のピエール−ミランダ・フェッラーロのクラスで学ぶための奨学金を得る

ヴォーカル・テクニックをマリオ・デル・モナコに,演技・表現などをティート・ゴッビに師事し,またエンツァ・フェッラーリ女史のもとでオペラを学ぶ

サラゴサスペイン)にてスカルピア《トスカ》を歌いデビューし,その後すぐにピストイアにて《トスカ》,コルテ・マラテスティアーナ・ディ・ファーノ(ペーザロ)とロヴィーゴにてルーナ伯爵トロヴァトーレ》,トレヴィーゾのテアトロ・コムナーレ,パドヴァとロヴィーゴにてトニオ《道化師》を次々と歌い活躍をはじめ,現在に至るまでヴェルディバリトン,ドラマティック・バリトンとして常に主要な役を各国の劇場で歌い,国際的に成功を収めている

2001年イリーナ・アルキーポヴァの財団よりロシア文化に貢献したとしてモスクワ音楽院にて褒賞を受ける

主な公演:

リエージュベルギー)にて《道化師》,リスボンとクラゲンフルトにてエツィオ《アッティラ》,カルガリーにて《トロヴァトーレ》とドン・カルロ運命の力》,リオ・デ・ジャネイロにて《ナブッコ》と《トロヴァトーレ》,カッセルドイツ)にてジョルジョ・ジェルモン《椿姫》《トロヴァトーレ》バルナバ《ジョコンダ》ロドリーゴドン・カルロ》,ブッセートのロンコーレ村のヴェルディ・フェスティヴァルにてドン・カルロエルナーニ》アモナスロ《アイーダ》《トロヴァトーレ》《椿姫》,ミュンヘン国立歌劇場にてアルフィオ《カヴァレリア・ルスティカーナ》と《道化師》,ケープ・タウン(南アフリカ)にてフィガロセヴィリアの理髪師》《ジョコンダ》《トロヴァトーレ》,ボン歌劇場にて《カヴァレリア・ルスティカーナ》《道化師》《ジョコンダ》ミケーレ《外套》ジャック・ランス《西部の娘》《トスカ》,ヴェローナ野外劇場にて《アイーダ》,マチェラータ野外劇場にて《トスカ》と《マクベス》,セヴィリアの万国博覧会にて《アイーダ》イアーゴ《オテッロ》《椿姫》,モンテレイ(メキシコ)にて《リゴレット》,プロフディフ(ブルガリア)の古代ギリシャ円形劇場にて開催されているヴェルディ・フェスティヴァルに毎年招待され《ナブッコ》《アイーダ》《椿姫》《オテッロ》《ドン・カルロ》《トロヴァトーレ》モンフォルテヴェネツィアの晩鐘》《カヴァレリア・ルスティカーナ》《道化師》,コルーニャ(スペイン)にて《マクベス》,セヴィリアの万博にて《道化師》と《トスカ》,アントワープブリュッセルベルギー)にて《リゴレット》と《ナブッコ》,ボンにてゴンザレス《グワラニー》と《セヴィリアの理髪師》,ハノーファーにて《リゴレット》,ケープタウンにて《ナブッコ》,イスタンブールにてレナート《仮面舞踏会》《アイーダ》《ナブッコアンカラにて《外套》,リーガ(ラトヴィア)にて《ドン・カルロ》,マカオにて《トロヴァトーレ》,ボンにて《ナブッコ》,リスボンにて《外套》,アムステルダムにて《アイーダ》,カイロにて《オテッロ》,アテネにて《ナブッコ》,ニースにて《道化師》,ゾーフィンゲンのフェスティヴァルの開幕で《ナブッコ》,イェージ(アンコーナ)にて《トスカ》,コゼンツァにて《ナブッコ》,ウィーンにて《ジョコンダ》,モスクワなどロシア各地で《トロヴァトーレ》《リゴレット》とコンサート,ケープ・タウンにて《椿姫》,ブカレストにて《トロヴァトーレ》,ブラジルにて《カヴァレリア・ルスティカーナ》,モスクワにて《ナブッコ》,マリボール(スロヴェニア)にて《マクベス》,カッラーラにて《カヴァレリア・ルスティカーナ》と《道化師》,スコピエマケドニア)にて《運命の力》,オランダ各地で《西部の娘》,マリボールにて《エルナーニ》と《椿姫》,ルビアーナの夏のフェスティヴァルにて《ナブッコ》《椿姫》《マクベス》,マッサ・マリッティマにて《マクベス》,コルトーナにて《リゴレット》,フィエーゾレにて《アイーダ》,ヴィテルボにて《アイーダ》,イェーゾロにて《ナブッコ》,タオルミナにて《カルメン》と《アイーダ》,マリボールのヴェルディ・フェスティヴァルにて《リゴレット》《ドン・カルロ》《エルナーニ》《マクベス》《椿姫》《トロヴァトーレ》《オテッロ》,フォッジャにて《トロヴァトーレ》,スペインにて《カヴァレリア・ルスティカーナ》ベオグラード国立歌劇場にて《トロヴァトーレ》,トロントにて《トスカ》,ヴィスバーデン国立歌劇場にて《西部の娘》,カイロにて《トスカ》,ルビアーナにて《椿姫》,トロントにて《アイーダ》,オデッサのフェスティヴァル(ウクライナ)とキジナウ(モルダヴィア)のマリア・ビエズ・フェスティヴァルにて《リゴレット》,カイロにて《仮面舞踏会》,オデルツォにて《リゴレット》,スパーラト(クロアチア)のフェスティヴァルにて《アイーダ》,ルビアーナのフェスティヴァルにて《トスカ》,キジナウのフェスティヴァルにて《仮面舞踏会》,トロントにて《ナブッコ》,ソウルにて《トスカ》,プロフディフの野外劇場にて《ナブッコ》,コスタンツァのガラ・コンサートにて《アイーダ》,アスペンドス(トルコ)の古代ローマ円形劇場にて《リゴレット》,ウィーンにて《マクベス(初版)》,プラハにて《ナブッコ》と《リゴレット》,オーストリアドイツオランダなどのツアーで《ナブッコ》と《アイーダ

日本では1987年に《トロヴァトーレ》と《カルメン(演奏会形式)》(藤原歌劇団),2003年5月に《椿姫》,10月に《トスカ》(プラハ国立歌劇場

また公演と公演の間のちょっとした余暇を利用して,ヴォーカル・テクニックや演技・表現法などのレッスンやマスタークラスを行っている