マカ・アルバーン

一般

マカ・アルバーン

まかあるばーん

声優竹内順子ドラマCD)、小見川千明(アニメ版)。

主人公。死神武器職人専門学校の生徒で、鎌職人の少女。

武器のソウル=イーターとペアを組み、同居している。

稀有な「退魔の波長」を持ち、高い「魂感知能力」を有する。

父親はデスサイズの一人である、スピリット=アルバーン。ただし母親と離婚しており親権はない。

緑の瞳とアッシュブロンドの長髪で、髪型はツインテール。他のキャラとは違って目に瞳孔を入れられていないのが特徴。

理髪で淡泊な性格のため、割とあっけらかんとした蓮っ葉なもの言いが多い。

一方で年頃の女の子らしく、純粋で乙女な一面も強い。

また友情に厚く、ときに並外れたの勇気と胆力を発揮して困難に立ち向かう。

努力家で頑固な面もあり、一度目標を定めると必ずやり遂げるまで研鑽を続ける。

こうした面から見ると、熱血属性なオテンバ娘であり、何気に漢女でもある。

座学の面で図抜けており、当人の努力もあって常に上位三位圏内にいる。

普段から勉強や読書が好きなため、当初周囲からは「勉強の虫」といった風に見られていた。

一方、実技面では平凡であり、ブラック☆スターやデス・ザ・キッドなど、武闘派の面々に劣等感を感じていた節もあったが、努力によって才能を伸ばし、現在では先の二人に負けない実力を身につけている。

好きな音楽はトランスなのだが、そのため周囲からは『音楽IQ0』の汚名を着せられた。

勉強漬けで女子力が高くないことが、しばしコンプレックスとなっている。

なお体型は見た目通りにスレンダー。

スピンアウト作品の『ソウルイーターノット!』では、春鳥つぐみに最初に出会った先輩として憧れの対象とされており、彼女はマカをリスペクトして髪型を真似ている。

このほか『ノット』にて、生粋の「デスっ子」(デスシティ生まれのデスシティ育ち)であることが判明しており、「デスっ子言葉」という珍妙な言語を操れることが判明。

必殺技はソウルと魂を共鳴させることで放つ「魔女狩り」。

後にそれを超える「魔人狩り」を習得。

ほか、本の角で頭を叩く「マカチョップ」をよく使う。

ババ・ヤガーの城攻略作戦終了後、魂を集め、ソウルをデスサイズにする。

そして死武専若手精鋭部隊「スパルトイ」の一員となり、一つ星から二つ星職人に昇格する。

以降、着る衣装が変わった。