スマートフォン用の表示で見る

地理

マキノ町

まきのちょう

地名

滋賀県高島市 マキノ町

旧自治体

かつて滋賀県西部の高島郡に存在したマキノ町・地方公共団体

面積は78.34km²。

2005年1月1日に、安曇川町今津町新旭町高島町朽木村とともに新設合併し、「高島市」となった。

マキノ町は全国で初めて片仮名自治体名に用いた町であり、その名称は町内のマキノ高原スキー場に由来する。

沿革

1889年4月1日、町村制施行により、高島郡海津村、剣熊村、西庄村、百瀬村が発足。

1955年1月1日、海津村、剣熊村、西庄村、百瀬村が合併しマキノ町となる。

2005年1月1日、高島郡安曇川町、今津町、新旭町、高島町、朽木村との新設合併により「高島市」となる。