スマートフォン用の表示で見る

マクガバン・レポート

マクガバン・レポート

まくがばんれぽおと

1975年にジョージ・S・マクガバンを委員長に提出された「栄養と人間の必要物に関する報告」。しばしば、根拠のない代替療法の支持者によって「3000人以上の医師科学者の協力を得て5000ページにも及ぶ」とされるが、実際には本文は100ページ足らず、補足見解を含めても1000ページ以下である。日本の伝統的な食事が理想的であったという記述もない。