スマートフォン用の表示で見る

マジカルハロウィン

ゲーム

マジカルハロウィン

まじかるはろうぃん

KPEより発売されている、パチスロ機(5号機)。

いわゆる「萌えスロ」の一種。声優は主役のアリス役に堀江由衣、ライバル役のローズに富沢美智恵を起用している。

その他演出に関連して登場するキャラクターとして、ブーモリ(ブタ)、カボちゃん(ハロウィンカボチャ)、フランケン、ウルフ、ドラキュラアリス召還モンスター)、グリムリーパー(死神)、ルビー(店員)がいる。

高設定・6の機械割が約118%という爆発力を持つハイスペック機。そのため、出玉を求めるファンからも注目されているとか、いないとか。


●システム

3枚掛け/2枚掛けが可能。有効ラインは5ライン。

小役

1枚役・・・左リールに赤、青、黒チェリーが停止で成立 ※2枚掛け時は5枚役

4枚役・・・スイカ

9枚役・・・左リールに赤(アリス)or青(ローズ)or黒(BAR相当)停止+中右にメダル

リプレイ・・・リプレイ

[ボーナス]

BIG(赤7揃い)・・・253枚を超える払出で終了(純増208枚)

REG(77BAR)・・・69枚を超える払出で終了(純増56枚)

※ART「カボチャンス」中にBIGを引き戻すと「MAGICAL COMBO」と表示されボーナス中のムービー、動画とも初当たり時のBIGとは違うものが流れる。

ゲーム性

100ゲーム周期で「高確率ゾーン」が現れる(赤背景)。この「高確率ゾーン」は30ゲーム程度続き、「通常ゾーン」に戻る(青背景)。ボーナスゲームが成立し、RTが終了するまでこの流れが続く。

なお「100ゲーム周期」はRT終了後からではなく、ボーナスゲーム終了後からカウントする。

演出を経て、後述の「スーパーカボチャンス」への突入契機となる「魔界ゾーン」に移行する場合がある。

BIG/REG終了後には、RTゲーム「カボチャレンジ」またはARTゲーム「カボチャンス」に突入する。

・「カボチャレンジ」

 基本的に「カボチャレンジ」中は9割近い確立でリプレイが成立するが、稀に9枚役、小役ハズレ(スイカ成立含む?)、チェリーが成立する。

チェリーが成立すると「カボチャレンジ」は終了するので、チェリーを外しつつ「カボチャレンジ」を進め、枚数増加を目指す。

 カボチャの口の中に(?)がナビされた場合(演出中はダイナマイトが表示された場合)は赤・青・黒いずれかのチェリーが内部的に成立しているが、そのどれが成立しているのかはわからない。9枚役を狙う要領で、野生の勘を働かせてチェリーを外していくことになる。

 チェリー外しを成功するごとに「カボチャレンジ」の文字が一文字ずつ点灯、8回続けて成功すると「カボチャレンジ」から「カボチャンス」へ昇格する。また、演出「デカカボアタック」から「カボチャンス」へ昇格する場合もある。

設定毎にボーナスの出現率にほとんど差が見られないためこの「カボチャンス」のヒキが勝敗を大きく左右する

・「カボチャンス」

 基本的に「カボチャレンジ」と同じだが、違うのは以下の2点。

チェリー成立時に何色のチェリーが成立しているのか完全ナビしてくれる

振り分けにより、一定のゲーム数で「カボチャレンジ」に降格する

※各方面で『「カボチャンス」は50ゲーム以上継続』との記述があるが、50ゲーム未満での終了のケースもあり。現時点最短では6ゲーム目で「カボチャンス」終了を告知する死神が出現、10ゲーム目で「カボチャンス」が終了した実例がある。

・「スーパーカボチャンス」

 これも基本的に「カボチャンス」と同じだが、違うのは以下の点。

「スーパーカボチャンス」に入った場合、以後4回のボーナスが成立するまで、または3000ゲーム終了まではARTが継続する

 なかなかボーナスが成立せず長期戦になった場合、9枚役でそれなりの増加が期待できる。ただし営業時間には要注意。また、ボーナスはBIG/REGいずれもありうるので、不幸にもREGに偏ると増加は微々たるものとなる。


●演出

・「アリス挙動」

 現時点で特記すべきは「?」マーク出現時で、「お化け演出」系の強めの演出が発生する傾向がある。ほか、確認が取れているのは、画面左側からの突風→リプレイ、ほうきが尾を引く→9枚役。ほかに「伸びをする」「髪をかきあげる」「キョロキョロする」などがあるが、(個人レベルでは)詳細を把握していない。

 厳密に言えば「アリス挙動」とは言いがたいが、画面左側に魔法ゲート風のものが出現すると「魔界ゾーン」への移行の期待大。ただしその中からローズが飛び出してきて「モンスターバトル演出」へ発展する場合もある(「ほうきバトル演出」への可能性も考えられるが現時点では未確認)。

・「お化け演出」

 通常のゲーム中にもっとも頻繁に出現する演出。さして重視する必要は無い。基本的にお化けの色が小役をナビ、お化けの数または大きさが小役成立の信頼度を現す。特大お化けが出現の場合は小役が成立しても期待できる傾向にある模様。高速で黒お化けが通過した場合、続いてローズが出現すると「ほうきバトル演出」に発展。

・「流星演出」

 通常ゲーム中に背景に流星が出現する場合がある。流星の数が3つ以上の場合は「急降下演出」に発展する可能性が高い。流星が1つ〜2つ程度だと演出に発展せずハズレor小役で終わる場合が多い。

・「お店演出」

 通常ゲーム中に出現する演出。店頭には基本的に2つのアイテムがあり、それぞれが小役をナビ。通常は左側のアイテムに対応した小役が成立するが、右側のアイテムに対応した小役成立が頻発するとチャンス傾向。またアイテムが1つしかない場合もチャンス傾向。後述の「錬金演出」へ発展する可能性がある。

・「吐き出し演出」

 通常ゲーム中に出現する演出。アリスのほうきにぶら下がっているカボちゃんが吐き出したアイテムにより小役または演出に発展。カードを吐き出した場合、カードにモンスターの絵柄が描かれていれば「モンスターバトル演出」へ発展。このときカードに描かれていたモンスターと違うモンスターを召還した場合はチャンス。また宝箱を吐き出した場合、即座にアリスがそれを掴めばそのままボーナス確定、画面下に落下した場合には「ほうきバトル演出」に発展する可能性あり。

・「月演出」

 通常ゲーム中に出現する演出。月を隠している雲が晴れたときにキャラクターが現れると演出に発展。通常は黄色い月だが、赤い月の場合は演出発展への期待大。発展先は「お鍋錬金演出」「ほうきバトル演出」「モンスターバトル演出」ほかにもあるかもしれないが未確認。

・「急降下演出」

 「流星演出」「吐き出し演出」から発展する演出で、落下する宝箱をアリスが急降下して追いかける。宝箱を掴むことが出来ればボーナスだが、ほとんどの場合は宝箱を掴み損ねてそのまま外れるか、掴み損ねた宝箱をローズまたはブーモリがキャッチして「ほうきバトル演出」への発展となる。つなぎ演出的な色合いが濃い。

・「お鍋演出」

 アリスが怪しげな鍋を掻き回す演出。演出出現直後から鍋を手早く掻き混ぜている場合やリール停止によって汗をかきながら掻き回しはじめた場合はチャンス傾向。そのままボーナスになる場合があるが、ほとんどの場合は鍋が爆発してそのまま外れるか、お鍋に魔法陣が発生して「錬金演出」へ発展となる。つなぎ演出的な色合いが濃い。

・「錬金演出」

 「お店演出」「お鍋演出」から発展する演出で、アリスが呪文を詠唱し、鍋の中から「BONUS」の文字が出現しきるとボーナス確定。通常は背景は青だが、詠唱とともに背景の色が黄→赤へと変化する、または最初から黄または赤になっているなどの場合は期待できる。

※「お鍋演出」「錬金演出」で鍋が爆発したあとは通常服の破れたアリスが現れるが、稀にブーモリが一緒にいる場合がある。その場合アリスのセリフが変わることは確認されているが、ほかに何の影響があるかは未確認。



・「モンスターバトル演出」

・「ほうきバトル演出」