マチネ・ポエティク

読書

マチネ・ポエティク

まちねぽえてぃく

加藤周一中村真一郎福永武彦・窪田啓作・原條あき子らによる文学同人で、日本語による押韻詩の可能性を探ったが、詩壇からの反応は薄く、また、作品じたい押韻が破綻したものも少なくなかった。WWII前後に活動したがほとんど『マチネ・ポエティク全集』を出したのみに成果は止まる。Matinée Poétique.