スマートフォン用の表示で見る

一般

マッチ

まっち

火を点ける棒状の道具。マッチ棒

収納箱(マッチ箱)の横の赤リン(還元剤)が棒の先頭薬中の塩素酸カリ(酸化剤)と摩擦することにより、まず赤燐が発火し、それでマッチ棒の頭についている硫黄などが燃えて火がつく。

明治時代辺りでは、マッチのことを「スルトヒーデル」などと人々によって表現されていた時期もあった。

マッチ頭薬、横薬の組成

http://www.nitto-sha.co.jp/ja/match/match-material.html

一般

マッチ

まっち

二つ以上のものなどの相性がいい事。相性がよくないことをミスマッチという。

試合。

または、試合開始から試合終了までの間のこと。