MAZDASPEED からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

マツダスピード

まつだすぴーど

マツダ車のディーラーであるマツダオート東京(現関東マツダ)を母体として1979年に誕生した、マツダ系列のモータースポーツ会社。


1982年国産車として初めてル・マン24時間レースに参加したのをはじめ、世界ラリー選手権WRC)や全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)などに参戦を果たし、1991年にはマツダ787Bル・マン24時間レースにて日本車で唯一の総合優勝を果たす*1など、マツダモータースポーツ部門としての地位を確立していた。


だがその後、マツダの経営不振によるモータースポーツ活動縮小のあおりを受け、マツダスピードはマツダの市販車向けアフターパーツの販売プライベーター支援活動のみに規模を縮小。

1999年7月にマツダ本体に吸収される形で、法人および組織としての「マツダスピード」は消滅した。


マツダへの統合後は、マツダ車専用チューニングパーツのブランド名、限定仕様車や走行性能を特に高めた市販車のブランド名称として「マツダスピード」が使われているのみである。

*12015年11月の現段階において