マヌエル・マリア・ポンセ

音楽

マヌエル・マリア・ポンセ

まぬえるまりあぽんせ

Manuel Ponce メキシコ作曲家

1882年12月8日生まれ、1948年4月24日没。

なんと、12人兄弟の末っ子であり6歳からピアノをはじめ、9歳から作曲を始める。

1904年、イタリアへ留学。

1909年メキシコ音楽院でピアノ教師になります。(前任者はリカルド・カストロ?

1915年からはハバナに居を移し、1917年にはメキシコへ戻り、結婚。

ベートーヴェン・アカデミー?設立

さらに、1925年パリへ転居し、ポール・デュカス?と交流を持つ。

1933年メキシコ音楽院?院長に就任。

1942年の頃、ギタリストアンドレ・セゴビア?と出会い、「南の協奏曲?」の共演を果たす。このセゴビアとの出会いにより、ポンセのギター曲が有名になったといわれている。