スマートフォン用の表示で見る

マネー・ボール

一般

マネー・ボール

まねーぼーる

マネー・ボール」はノンフィクション書籍、または、統計分析を使ったスポーツチーム運営の手法を表す換喩。

ノンフィクション書籍

マイケル・ルイスによるノンフィクションマネー・ボール 奇跡のチームをつくった男』のこと。

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男

メトニミーとしての「マネー・ボール」

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男』の元になったのは、オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー、ビリー・ビーンである。ビーンはセイバーメトリクス(野球統計)を駆使して、得点効率が高い割りに年俸の低い野手や、進塁させにくい割りに年俸の低い投手 -- いわば「割安」な選手たち -- を獲得して、財政難からスター選手を手放し低迷していたアスレチックスを復活させた。

このチーム運営が大々的に取り上げられ、野球以外のスポーツでも統計分析を使ったチーム運営に光が当たるようになり、「サッカーマネー・ボール」などといった表現が使われるようになった。