ハイパワードマネー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

マネタリーベース

まねたりーべーす

[英] Monetary base

マネタリーベースとは、中央銀行が供給する通貨のこと。

通貨当局の発行した現金通貨*1と、民間金融機関の法定準備預金*2との合計。

マネーストック(世の中に出回っているお金の総額)の基となる通貨という意味でベースマネーや、大きな預金通貨を生み出す強い力を持つという意味で、ハイパワードマネー(強権貨幣)とも呼ばれる。

民間金融機関に供給され企業への貸出しの原資となるため、金融機関と企業間を資金が循環することで預金通貨を増やしていく信用創造機能が生じる。

中央銀行マネタリーベースを「直接」コントロールできるが、マネーサプライは「間接的」にしかコントロールできない。

日本においては、2013年4月より日本銀行における短期金融市場における調節操作対象が、無担保コール翌日物からマネタリーベースに変更された*3

*1:日本においては日本銀行券、補助貨幣

*2:日本では日銀当座預金

*3:量的・質的金融緩和の実施は短期金利調節だけでは対応できないため