スマートフォン用の表示で見る

マハーバーラタ

読書

マハーバーラタ

まはーばーらた

古代インド叙事詩。全十八巻、十万詩節、二十万行を超える世界最大の叙事詩である。

マハーバーラタ自ら“ここにあるもの総ては何処にもあり、ここに無いものは何処にも無い”と豪語している。