スマートフォン用の表示で見る

マハラジャ

キーワードの候補

2件

一般

マハラジャ

まはらじゃ

Maharaja 近代国家となる以前の、インドでの地方領主。意味としては、ラージャの中で強盛なもので「大王」の意味。英国インド帝国1877年1947年)時代は、その帝国内の形式的領地権が認められた藩王国の王の称号でもあった。1947年の独立後、藩王国は廃され藩王国は全てインドの各州(地方の行政単位:首長が州議会の間接選挙で選ぶ以外は、米国とほぼ同様)に組み込まれたが、藩王などの『マハラジャ』の称号は引き続き名乗ることも認められ世襲相続も可能であったが、1971年憲法を改正し、マハラジャその他旧貴族たちを優遇する特権や金銭の支給制度を廃止により、『マハラジャ』の称号を名乗ることも禁止されて、この年事実上消滅した。

社会

マハラジャ

まはらじゃ

概要

1982年大阪難波に1号店が開店。その後ハワイなど海外も含めて数十店を展開。ジーンズにTシャツ姿では入店できないドレスコードを設けるなど話題を呼んだが、バブル崩壊と共にブームが衰退。1990年代後半に全店が閉店。

2010年、東京都港区に「マハラジャ六本木店が復活。

2014年大阪北区に「MAHARAJA OSAKA」としてオープン予定*1