スマートフォン用の表示で見る

マラセチア毛包炎

サイエンス

マラセチア毛包炎

まらせちりあもうほうえん

皮脂に棲みついている常在菌のマラセチアが毛穴で増殖し、胸や背中、肩、上腕にニキビのような炎症を起こす病気。

ニキビと勘違いされやすい病気として知られる。

予防

マラセチアは、汗に含まれている皮脂を好むため、体を清潔に保つ事が重要。

予防効果のある石鹸やシャンプー・リンスも市販されている。