マリー・ド・フランス

一般

マリー・ド・フランス

まりーどふらんす

12世紀後半にイングランドで活動したフランス生まれの詩人フランス文学史上に、初めて登場する女性である。


作中で「私はフランス生まれのマリ」と名乗っていることから、マリー(マリ)・ド・フランス。

それ以外の具体的な出自は不明。名前が示すとおり、女流作家のようである。