マリア・デ・ビロタ

一般

マリア・デ・ビロタ

まりあでびろた

スペインの女性レーシングドライバー

1980年1月13日生まれ。マドリード出身。

父は元F1ドライバーのエミリオ・デ・ビロタ、弟はエミリオ・デ・ビロタ・ジュニア。

略歴

2001年にF3としてデビュー、2005年まで出場。世界ツーリングカー選手権ユーロ3000選手権、フォーミュラ・パーマー・アウディスーパーリーグ・フォーミュラに出場。

2011年フランスで行われたロータスルノー・グランプリのテスト走行として参加、2012年にはフォーミュラ1に参戦するロシアスポーツカーのメーカーマルシャF1チームとテストドライバー契約を結ぶ。

2012年にダックスフォード飛行場で行った空力テスト中にチームのサポートトラックに衝突し、右目を失う重傷を負う。

2013年10月11日、セビリア市内の宿泊先のホテルで亡くなっているのが発見された。