マリアナの七面鳥撃ち

社会

マリアナの七面鳥撃ち

まりあなのしちめんちょううち

 太平洋戦争中盤、マリアナ海域での空中戦において、「近接信管」を装備したアメリカ軍機が、面白いようにゼロ戦を墜落させて、アメリカ軍の兵士が喩えた言葉。