スマートフォン用の表示で見る

マリアム・ミルザハニ

サイエンス

マリアム・ミルザハニ

まりあむみるざはに

Maryam Mirzakhani

数学者。米スタンフォード大学教授。幾何学を専門としている。

1977年生まれ、イラン出身。

世界の高校生らが実力を競う国際数学オリンピックで、1994、95年と連続で金メダルを獲得。

シャリフ工科大学学士号を取得、2004年に米ハーバード大学大学院博士号を取得。2008年から現職。

2009年にアメリカ数学会からブルメンソール賞(Blumenthal Award)、2013年にはサッター賞(Ruth Lyttle Satter Prize)を授与されている。

2014年フィールズ賞を受賞。女性初の受賞者となった。

2017年7月15日、死去。