マリオ・ケンペス

スポーツ

マリオ・ケンペス

まりおけんぺす

Mario Kempes

アルゼンチン代表のサッカー選手1996年現役引退)

プロフィール

フルネーム : Mario Alberto Kempes (マリオアルベルトケンペス

生年月日 : 1954年7月15日

出身地 : Bell Ville, Córdoba (ベル・ビジェ、コルドバ州、アルゼンチン

身長・体重 : 181cm・78Kg

ポジション : センターフォワード

愛称 : El Matador (エル・マタドール, 闘牛士という意味)

所属クラブ

1964〜68 : タジェレス・ベル・ビジェ 

1968〜71 : アトレチコ・ビブレティカ

1971〜73 : ACコルドバ?

1974〜76 : ロサリオ・セントラル 

1976〜81 : バレンシアCFスペイン) 

1981〜82 : リーベル・プレート

1982〜84 : エルクレスCFスペイン) 

1986〜87 : ファースト・ヴィエナ (オーストリア

1987〜90 : VSEザンクトペルテン (オーストリア) 

1990〜92 : クレムーザSC (オーストリア

1995 : フェルナンデス・ビアル (チリ)

1996 : ペリタ・ジャワインドネシア

クラブ戦績

アルゼンチン代表歴

デビュー : 1973年9月23日・ボリビア

出場・得点 : 43試合・20得点

ワールドカップ

1974年 : 6試合・無得点 (2次リーグ)

1978年 : 7試合・6得点 (優勝、得点王、大会最優秀選手)

1982年 : 5試合・無得点 (2次リーグ)

監督・指導者歴

1993 : バレンシアCFスペイン) * エクトル・ニュネスのアシスタントコーチ

1996 : ペリタ・ジャワインドネシア) * 選手兼任

1996 : SKルシューニャ (アルバニア

1997〜98 : ミネロス・デ・ガヤナ (ベネズエラ

1999 : ザ・ストロンゲスト (ボリビア

2000〜01 : インデペンディエンテペトロレロ (ボリビア

その他

アルゼンチンサッカーの歴史に足跡を残した多くの選手の1人にすぎない 」 と自らを語った控えめな口調とは裏腹に、そのプレースタイルは勇猛果敢に敵陣に攻め入り、ディフェンスを間一髪かわし一撃でゴールを決める、まさに 「 エル・マタドール*1 」 さながらのスーパースター。

9歳からサッカーを始め、地元クラブリーグの得点王に輝き優勝に導いた実績からトップリーグへと階段を上り始め、スペインリーグに移籍。1978年、地元アルゼンチンで開催されたワールドカップでの活躍で世界に名をとどろかせた。あのディエゴ・マラドーナが自伝で 「 アルゼンチンサッカーを世界に知らしめた男 」 と紹介している。

*1スペインリーグ移籍以来、そう呼ばれた