マリオ・バルガス=リョサ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

読書

マリオ・バルガス・リョサ

まりおばるがすりょさ

Mario Vargas Llosa

作家、政治家

ペルー出身。スペイン国籍も取得

略歴

1936年3月28日、生まれ。
出生地:ペルー南部のアレキパ

1958年、サン・マルコス大学文学部 卒業

1959年マドリード大学大学院 修了(文学博士(マドリード大学)〔1958年〕)在学中から新聞社、放送局で働く。

1958年、短編集「ボスたち」を出したあと、1962年発表の「都会と犬ども」でスペインの二つの文学賞、ビブリオテーカ・ブレーベ賞、批評家賞を受賞。

1966年からロンドン大学でラテンアメリカ文学を講じる。

1966年、「緑の家」、1969年ロンドンで「ラ・カテドラルでの対話」、1973年バルセロナで「パンタレオン大尉と女たち」を発表。

1974年、ペルーに帰国後は作家活動のかたわら、民主主義を守る立場から政治的な発言を積極的に行うようになる。

1976年、40歳にして国際ペンクラブ会長に就任、1979年まで務めた。

1981年、ペルーで「世界終末戦争」などを発表。

1987年右派連合・民主戦線(FREDEMO)を結成。

1990年ペルー大統領選挙出馬し、アルベルト・フジモリ氏に敗れる。

1993年スペイン国籍も取得。以後、欧州を本拠に活動。

2010年、ノーベル文学賞を授賞。

amazon:マリオ・バルガス・リョサ

表記ゆれ
マリオ・バルガス=リョサ
リョサ