マルク・ゴンサレス

スポーツ

マルク・ゴンサレス

まるくごんされす

Mark González

チリ共和国代表歴のあるサッカー選手

プロフィール

フルネーム : Mark Dennis González Hoffman (マルク・デニス・ゴンサレス・ホフマン

生年月日 : 1984年7月10日

出生地 : Durban, Republic of South Africa (ダーバン南アフリカ共和国

身長・体重 : 175cm・70kg

ポジション : 左ウィング、左サイドハーフ

所属クラブ

2002〜04 : CDウニベルシダ・カトリカ? (チリ)

2004〜05 : アルバセテ・バロンピエスペイン

2005〜07 : リヴァプールFCイングランド

2007〜09 : レアル・ベティススペイン

2009〜 : PFC CSKAモスクワロシア

その他

チリ代表デビューは2003年6月8日ホンジュラス戦。スピードもあり、センタリング・クロスも優れている左サイドのアタッカー。幼少期に南アフリカ共和国から南米チリ共和国に移住した。

2005年7月4日、ラファエル・ベニテス監督の要望によりリヴァプールFCに移籍したが、なかなかイングランドワークパーミット労働許可証) が所得できず、2006年1月〜5月の間レアル・ソシエダにシーズン終了までレンタル移籍となる。レアル・ソシエダへのレンタル移籍時は輝かしい活躍で、レアル・ソシエダのほか幾つかのクラブからオファーがあったが、2006年7月にイングランドワークパーミットの件もクリアし、リヴァプールFCにあらためて入団した。しかし2006-07シーズンはこれといった活躍もできず、2007年7月にスペインレアル・ベティスへ移籍。2シーズン後の2009年にロシアPFC CSKAモスクワに移籍した。