マルク・ヴィルモッツ

マルク・ヴィルモッツ

(スポーツ)
まるくう゛ぃるもっつ

Marc Wilmots
ベルギーの元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー、フォワード。
1969年2月22日生まれ。身長184cm、体重85kg。
マルク・ビルモッツマルク・ウィルモッツと表記される場合もある。

選手歴

1985-1988
シント・トロイデン
1988-1991
KVメヘレン
1991-1996
スタンダール・リエージュ
1996-2000
シャルケ04
2000-2001
FCジロンダン・ボルドー
2001-2003
シャルケ04

指導歴

2003
シャルケ04 暫定監督・選手兼任
2004-2005.2
シント・トロイデン監督
2009-2012
ベルギー代表 アシスタントコーチ
2012-
ベルギー代表監督

経歴など

ベルギー代表としてFIFAワールドカップには1990年・1994年・1998年・2002年の4大会連続で代表メンバーに選ばれている。2002年W杯ではグループステージ初戦で日本代表と対戦、ゴールも決めている。
2012年、アシスタントコーチを経てベルギー代表の監督に就任。2014年FIFAワールドカップ・欧州予選を勝ち抜き、監督してW杯本大会出場に導いた。


リスト::サッカー選手

新着ブログ: マルク・ヴィルモッツ