マルグリット・ド・ヴァロワ

一般

マルグリット・ド・ヴァロワ

まるぐりっとどばろわ

ヴァロワ朝アンリ三世の妹にして、のちにブルボン朝の王となるナヴァラ王アンリアンリ四世)の妃。

大変な色好みで愛人が多数おり、それを原因にアンリと離婚した。