スマートフォン用の表示で見る

マルサス

一般

マルサス

まるさす

英国聖職者経済学者

トマス・ロバート・マルサス Thomas Robert Malthus. 1766-1834

ケンブリッジ大学数学生物学を学んだ後,国教会牧師となる.1805年に東インド会社附属学院教授となる.

その前に父の勧めで著した『人口論』では,食糧が算術級数的にしか増加しないのに対して人口は幾何級数的に増加するため,過剰人口により社会的貧困と惡徳は必然に生ずるとしてゴドウィンらの社会主義思想を批判し,人口抑制のための禁欲を説いた.

近代経済学の立場からは過少消費説や有効需要説の提唱者として高く評価されており,またリカードとも終生交友を持った.


cf. リスト::学者