スマートフォン用の表示で見る

マルシリオ・フィチーノ

読書

マルシリオ・フィチーノ

まるしりおふぃちいの

Marsilio Ficino。1433〜1499年。イタリアフィレンツェで、まさに“ルネサンス”草創期の中心的人物。

大商人で政治家、つまりは地位と名声を得て大成功したコジモ・デ・メディチに父子ともども仕え、大成功者のNextの目標・ステージである「不老不死」がマルシリオに厳命された課題であった。

しかもプラトン復興が喧しく、ゾロアスターからオルフェウスヘルメス・トリスメギストス、新プラトン主義、…等々のシンクレティズム(=習合)・総括編集が求められており、形骸化の埃を払い・原義を明らめる「再生」運動こそが、その字義である「ルネサンス」となった。

フィチーノ自身、プラトンヘルメス文書、プロティノスや偽ディオニシオスの翻訳を行っているし、アラビア科学や錬金術占星術・自然魔術・古代神学などへの関心を深め、その結果、神・天使・理性・質・物体の5種の位階秩序による宇宙論に到達している。

その主著『三つの生について』において、後にアグリッパジョン・ディーで発展させられる、天体・音楽・精気の連関が説かれており、東洋の気功オルフェウス密儀に通じるプラーナが顧られている。