マルセル・マルソー

アート

マルセル・マルソー

まるせるまるそー

Marcel Marceau (1923〜2007)


フランスストラスブール出身。

現代のパントマイム(無言劇)を広く一般に浸透させ、「パントマイムの神様」といわれた。

1946年にマイム劇「パディスト」の道化役でデビュー。翌年には、白塗り顔にしま模様のシャツ、花を飾った帽子姿のピエロ「ビップ」Bip を創作。その後は、この“分身”と自らの劇団を率いて世界各国を巡る。その一方で、パリにパントマイムの学校を設立したり、水彩が子供向けの本を作るなど多方面で活躍。

1996年にはニューヨークに「マルセル・マルソー財団」を設立した。


なお、日本のコメディアンマルセ太郎は、マルセル・マルソーをもじった芸名。